アフターピルとカンジダと吐き気について

更新履歴
考えている女性

アフターピルは、望まない妊娠をしてしまった可能性がある時に、女性が飲む薬であり錠剤ですが、このアフターピルを飲んだ際には、副作用としてカンジダや吐き気が出ることがあります。
アフターピルは、上記のように、望まない妊娠を止めることが出来る可能性の高い薬ですが、一方で、上記のように副作用があります。
副作用としては、上記のような吐き気、またはめまい、頭痛、胃痛、お腹の痛み、下痢、便秘、酷い倦怠感、イライラとした気持ち、そしてこのような症状の他に、カンジダになってしまうことがあります。
カンジダになってしまう時には、体が酷く弱っている時などに出ることがあり、また、糖尿病の人はなりやすいとされ、同時に風邪薬などを飲んだ時や酷い疲れが溜まった時には、カンジダが異常増殖するケースが多いとされています。
また、寝不足の状態や精神的な疲れが慢性的に続くと、ストレスなどからカンジダが発症します。
また生理前に急激に陰部がかゆくなり、気づいたら、ヨーグルトのようなおりもの、チーズのようなにおいのおりものなどが下着に付着しており、痛みなどを感じる場合もあります。
アフターピルは、上記のように、副作用として、吐き気やカンジダ、頭痛やめまいなどを引き起こすものですが、妊娠をしたと確信した場合、または妊娠した可能性が高い時には、しっかりと服用を行わないと、受精卵が女性の体に着床を行い、妊娠をしてしまう可能性が非常に高くなります。
また、アフターピルには、上記のように、女性の体に大きな負担がかかる副作用がとても大きく、これは男性は味わうことがないものですが、女性にとっては、とても辛い症状となり、中には、ベットなどから起き上がれないほどの倦怠感を感じる方もいるため、出来るだけ避妊はしっかりと行うことが大切となります。

人気記事一覧