• ホーム
  • アフターピルとピルで痩せるより太る真相とがんの発症

アフターピルとピルで痩せるより太る真相とがんの発症

性行為は本来繁殖のための行為ですので、避妊せずに行為を行えば、妊娠する可能性が高くなっています。
それを防ぐために避妊を行いますが、場合によっては避妊が上手くできずに性行為を終えてしまう場面もあります。
このような状況に陥ると、女性が妊娠をする心配が高まってしまいますが、性行為後であっても避妊を成功させる手段が用意されています。
アフターピルと呼ばれるものが、それに当てはまります。
アフターピルとは医療用医薬品で、服用することでホルモンバランスを一時的に変化させ、妊娠しにくい身体を作ることができます。
アフターピルはいつ服用しても構わないものではなく、性行為から早い段階で飲み始めるほど、効果が高まるように作られています。
受精卵が着床する前に、服用することが肝心ですので、72時間以内に利用するのが、成功確率を高める秘訣になります。
しかし、新しいタイプのアフターピルであれば、120時間以内でも、高い効果を発揮してくれます。
避妊をするには、日頃から避妊用のピルを服用するのが確実です。
大変高い効果を持っており、まず妊娠することがないからです。
しかし、ピルは痩せることを目的としている女性には、やや使いづらいイメージがあります。
ですが、現在のピルは、体重増加が認められないようなものが使われていますので、太る心配はまずありません。
太ったとしても、一時的にむくみの症状が出るだけで、次第に症状はおさまり、元のように痩せるようになります。
また、ピルには子宮体がんや、卵巣がんの発生率を低下させる効果があります。
継続して服用することで、妊娠を回避できるばかりか、女性特有の病気を予防する上でも、利用価値が高い薬です。