• ホーム
  • 黄体ホルモン入りのアフターピルの個人輸入

黄体ホルモン入りのアフターピルの個人輸入

薬

アフターピルというものは、他のなんらかの手段による避妊に失敗してしまった場合や、女性の意志によらずに男性から襲われたといった場合について、緊急に避妊をするために服用する、特別なピルとなっています。
この成分については製品によってさまざまですが、黄体ホルモンのような女性ホルモンが主役となっているところは共通しています。
女性ホルモンのはたらきによって、排卵を止めてしまったり、子宮の壁が厚く成長しなくなるようにするといった、妊娠を妨害する効果が期待されるわけです。
このようなアフターピルは、性行為をしたときから72時間以内に服用することが要求されています。
正確には72時間を超えてもまったく効果がみられなくなってしまうわけではないようですが、避妊の成功率は格段に落ちてしまいますので、この72時間というタイムリミットは守るべきものといえます。
アフターピルを入手する方法としては、産婦人科などをおとずれて処方してもらうというのが第一の選択肢となっていますが、場合によっては、個人輸入という手段で海外から直接入手するということも不可能ではありません。
ただし、法律の規制がありますので、他人に譲り渡すような目的での購入であったり、不必要に大量に購入したりすることはできず、もしもそのような不適切な個人輸入をしたとしても、税関で没収されてしまったり、刑事罰に問われることもあります。
また、個人輸入で考えておかなければならないのが、緊急の避妊が必要になってから注文をしても、発送元が海外であるため、まず72時間というタイムリミットまでには到着しないということですので、この点にはくれぐれも注意しなければなりません。

人気記事一覧